10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋でもしてるのかなァ!

2012年 02月29日 06:40 (水)

2012年2月29日 九州地方は大雪になった。この寒い日がいつまで
続くのか?ある女の子の手紙を待つが2月ももう終わろうとしているのに

こなかった。あの子に春がきたのであろうか?

とんぼ

この世の中、携帯、メールがはびこる中、「おじちゃん手紙書いてもい
い」とタクシーの後部座席に座った女の子からいわれて久しい。

今年も2月の終わりを待つがやはり来なかった。市民会館から乗せた中
学生の女の子。もう学園を卒業して恋でもしているのだろうか。

私は今日のような小雪の舞う寒い日に、演劇でもあったのか市民会館か
ら○○学園まで女の子2人と先生1人を乗せた。

○○学園とは少年院と違って、非行に走った中学生などを更正させるた
めに収容し普通の中学と同じように教育させるところである。

私は監視の先生がついているのもお構いなしに質問し、彼女から学校
内のことなど最初は笑わせながらジョークを交え聞いているうちに突然

「あなたも悪いが、あなたの親が一番いかん!」と大声を出してしまっ
た。そして更に「おじさんがあなたの親なら、あなたが最初に万引きし

た時、ぼこぼこ叩いとるね!」「何で叩かれんやったとー」と彼女に
言ったら「そう、おじちゃん、私もそう思う」「あの時、おやが怒って

くれてたらこんな所にはいっとらんよ」「私もおじちゃんが言うように
怒ってもらいたかったァ」 

逕サ蜒冗ャ代▲縺ヲ逕溘″縺ヲ繧点convert_20111027154139

そんな会話をしているときも先生は黙って聞いていた。私は・・・
「出てきたら2度と悪そ、はしなさんなァ」と念を押すと彼女は

「うん」「おじちゃん、手紙出してもいい」と言ってきた。
私は「いいよ」と言ったけど見ず知らずの男に、しかも今日会って

今日から付き合うことを学園はゆるしてくれないだろうと思った。
タクシーを降りたとき、この子が別のタクシーに乗ってた女の子をも

呼んで「おじちゃんと写真撮ってもいい」と回りに寄ってきたので
みんなとパチリと撮った。

「手紙だすからね」と言ってたあの子は手紙を出すことは無かったのか
こなかった。おそらく学校が許さなかったのだろう。

学校側の親心であろうと私は解釈した。
また3月の季節になると卒業のシーズンである。この時期、数校の高校

から来賓のお呼びがかかる。
そして卒業生代表で「ケンカをして前の学校を退学になり、一ノ宮さん

にこの学校を紹介してもらい、相談室にくると「転げ落ちても また
這い上がれ アリの根性を見習えよ」と黒板の横に掲げられた一ノ宮

さんの詩を見て大学に行こうと決心し今度大学に合格しました。とか
私は家は裕福なのに親に反発し万引きを繰り返し3高校、退学になり

一ノ宮さんのブログでこの学校を知り、親の援助をうけず中州で夜働
きながら卒業しました。

・・・という声を卒業式で聞くたびあの子の事を思い出す私であった。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2012年02月29日 11:19

こんにちは・・。

非行に走る、子供さん達を見ていると、本当は素直で、
厳しい言葉にも、素直にうなづきます。
親のほうに原因がある子も多いです。

甘さを、愛情だと勘違いしている親が多いですね。
真剣だったら、ゲンコツもとびますよね・・。

今日もいいお話を、ありがとうございます。


マコちゃん

2012年02月29日 11:44

コメントありがとうございます。
子育ても終わったあなただから分かるとおもいます。

たまには拳固もいいものです。
それをこどもはいつまでもわすれません。

おやじのゲンコは痛かった。これが教育だと私は
おもいます。これからもよろしく。

No title

2012年02月29日 12:28

何かせつないですね・・・・
こちらも雪がつもり真っ白な世界に変身しています。
あたりは静かで自分の耳鳴りが聞こえます・・・・・

親を嫌いな子どもはいないと、思っています・・・
もし親の嫌いな子がいたとしたら
親が育てる過程で、愛をかけてなかったと思っています。

雪の日に素敵なお話ありがとうございます☆

管理人のみ閲覧できます

2012年02月29日 13:36

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ゆっころさん

2012年02月29日 14:11

コメントありがとうございます。
親は子を 子は親をどんなに時代が変わろうと

変わらないのが親子の仲。
そう私はおもってます。

これからもよろしく。

No title

2012年02月29日 18:52

こんばんは♪
便りがないのにいい知らせ、ですね。
その子が一生懸命、自分の人生を生きてるといいなぁ。
親がダメでも、けんしさんのように誰かが自分を本気で叱ってくれたり、見守ってくれてると分かると
どん底でも誰でも這い上がれますよね(^^)

怒る

2012年02月29日 19:23

笑って生きてん様へ こんばんは!

子供でも大人でも、怒らなければならない、怒る必要のある時ってありますよね!
本人もあえて、怒られるのを待っている時って・・・

それにしても、数々の人を更正された功績は、尊敬の一言です。  sn

ふわころさん

2012年02月29日 19:45

コメントありがとうございます。
犬でも本当に優しくしてくれる人、怒ってくれる人

分るんだもん、人間ならなおさら、しかってくれる人
親のありがたさが分る年齢になったとき、

それがその人が人の心が判るときだと思っています。
これからもよろしく。

SNさん

2012年02月29日 19:48

コメントありがとうございます。
子供は本当に怒ってくれる人をまってます。

反発するのはこころが育っている証拠だと私は
思っています。これからもよろしく

おねがいいたします。

今日もいいお話でした。

2012年02月29日 20:39

みんな根は素直で優しい子どもたちなんですよね。
人生で一番多感な時期。
人との絆やふれあいが
どれほど大事なものか
考えさせられました。 

No title

2012年02月29日 21:57

私は親として どうなのか??って事は置いといて・・・
こういう子って やっぱり親に恵まれてないよね。
だから ちょっと話すようになると
甘える様な感じで  変な言い方だけど 懐いてくる。
悪い事は ダメ! と叱ってもらえるって
ある意味 幸せな事なんだよね♪

No title

2012年02月29日 22:49

今は学校の先生も大変みたいで、ちょっと手をあげたり怒鳴ったりして叱ると親が苦情を言ったりする様で・・
私達が子供の頃って先生に叩かれるのって当たり前だったのですがね。今でも叩かれり怒鳴られた先生程よく覚えてます。叩かれて目に青あざ作って家に帰っても親は「そうか、それはあんたが悪いな」と言われたものです。今でも学校に一人や二人あんな熱い先生が居ればいいなと思います。

女の子から手紙が来なくてもタクシーの中での会話は女の子の心のタンスに残されてる事でしょう。
色々な経験をしていい大人になってくれると思いますよ^^

K-TOOKOさん

2012年03月01日 05:03

コメントありがとうございます。
子供たちの多感な時期をどう向き合えばいいのか

塾にに力を入れる人、スポーツに力を入れる人
お金をもらうだけの人、どんなやり方でもいいが

心が通ってなかったら別な方向へ走るということを
親は認識しなければ悲しい結果になると思います。

そうならないように私たちも
目を光らせさせましょう。

ぴよっちょさん

2012年03月01日 05:08

コメントありがとう。
言われるようにこの子らは甘えが欲しいのかも
しれませんね。

自分では何もできないことを学園にいるうちに
分ってほしいものです。

そちらは雪はどうでした。まだまだ寒さが続きます。
体に気をつけてください。

ステージさん

2012年03月01日 05:13

コメントありがとうございます。
そうなんですよね、今の子供たちは親からも
先生からも怒られなくなりました。

それはマスコミの低下とともに現象が
起こってきたみたいです。熱血教師がいたら

きっとマスコミと偉い評論家がたたくことでしょう。
たたかれるのが自分らと言うことを知らずに!

かなしいことです。

こんにちは

2012年03月01日 09:46

このお話
私の友人に 読ませたいです・・・

悩んでる 
大変
とか 言いながら・・・
自分が 描く いい親を 演じて
あげく 子供から 逃げてる

子供のことを思って 叱ってやるってことも 大事ですよね

kotoneさん

2012年03月01日 10:18

コメントありがとうございます。
子供には小さいこと何度も言うより、間違ったとき
手を出してもいいから、体を張って守ってやることが

大事なんですよ。
また今月、卒業式に呼ばれていますがどれだけの
ドラマがあるか、またブログで紹介したいと思います。。

No title

2012年03月01日 11:41

育つ環境については、私もよく考えます!

「君の飾らない笑顔がいいね」 笑顔になれる作品です (*^_^*)
自然に人を助けてあげるけんしさん、最高です♪

keiちゃん

2012年03月01日 14:22

コメントありがとう
あなたの写真を一枚贈ってください。

きっと、すばらしい詩と写真のコラボが
できあがりますよ。

管理人のみ閲覧できます

2012年03月02日 15:12

このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。