08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せころころ!

2012年 02月25日 04:24 (土)

2012年2月25日 幸せの道を歩いているAちゃんから4月に結婚し
ますというメールが来た。

おかめ

Aちゃんと出会ったのは7年前の雨の降ってた朝であった。親不孝通りを
濡れながら歩いていたAちゃんの横にタクシーをつけ「乗らない?」と声

をかけると涙を流しながら乗って来た。
とっさに私が「どうしたの?」「彼氏に振られたの?」と運転しながら声

をかけるとそうだと言った。
「そう、それは良かったね」と例のの調子で「神様が助けてくれたんだよ」

「どうしてなの?おじさん」と言うコトバに彼女は私の方に胸を開いた。
「私、ふられたのよ」「つらくて泣いてるのよ」

と言う彼女に、だから「おめでとう!と言ってるんですよ」
あなたみたいないい娘を振るくらいの男なら、ほかに女を作ったんでしょ

と言うと、そうだと言った。だから神様があなたを助けてくれたんですよ。
あなたを守ってくれたんですよ。このまま行って結婚し子供ができて浮気

され他の女のところに逃げられて、お父さん帰ってきてと言っても遅いよ
だから神様が分かれさせたんだからと言って彼女に色紙を書いてやった・

「悲しみ禁止の 立て札を 立てても入っち来る 悲しみもある
  そこでいちいち泣いちょったら 涙はいくつ あっても足りないよ」

おじさんありがとう。今度タクシーを呼んでもいいかと聞いたので「い
いよ」と答えたが彼女は郊外のある病院の寮に住んでいた看護学校の生徒

であった。

カラー詩笑って生きてん 092

本当に彼女が呼んでくれたとき、熊本のお母さんにこのことを話したら
「良かったね」と言ってくれたと~・・・と言って彼女は看護学校の学

生で3月に卒業すると言った。
その後、彼女は色紙をもらって以来、いいことが続いたと紫色の小さな

びんせんに思いをつづって送ってくれた。
就職先も地元熊本に決まり一生懸命、働いていますと1年に一回ほど頼

りをくれた。
色紙をもらって以来、人生が変わった気がしますといいことが続いてい

ることを知らせてきた。
新しい恋人ができたこと。そして今度の結婚することが決まったこと。

次はきっと子供が生まれたことを知らせてくるんじゃなかろうかと思っ
た私であった。

その私の色紙で人生がいいほうに転がり始めたという手紙はいずれまた
このブログで紹介したいと思います。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2012年02月25日 05:50

幸せ配達人の一ノ宮様ですね・・・、
悲し涙を、幸せの笑顔に変えてしまうのですから・・。

魔法ですね・・・。

その娘さん、一ノ宮様を神様のように感じたと思います。
そしてその時の言葉は、忘れられなかったから、
幸せを掴んだのだと、思います。

災い転じて、福となり・・・ですね。
優しさを、素直に受ける大切さを感じました。
素敵なお話で、心は青空です。

No title

2012年02月25日 08:23

おはようございます♪

幸せころころ良い言葉ですね*^^*

そうそうくだらん男とは別れた方が良い
愛は一時の錯覚(笑
これは大人のみの会話ね ごめん!!

Aちゃんが幸せになれますように。。。

No title

2012年02月25日 10:30

人生、良い方に(ある意味、自分の都合のいい方(笑))に考えた方が、うまくいくのかもしれませんね。
“彼氏に振られて悲しい”っていうのも、”大切な人がいなくなる”と言うよりも、“振られた自分がミジメで可哀そう”という気持ちの人が殆んどなんでしょうから・・・。
要は自分の心の持ち方次第。
一ノ宮さんは、相手の心に同化出来る、繊細な人なんですね。
そうゆう人って、ともすれば、相手のオーラに巻き込まれがちですが、一緒に立ち向かえる強い心も持ち合わせているなんてスゴイです。

☆ラブリーなおかめ(?)のイラスト、思わず、ほほえんじゃいました♪

神の手

2012年02月25日 11:20

笑って生きてん様へ こんにちは!

 今日の詩も、ぐっとくる人生の指針の言葉ですね・・

 温かい心で、弱きを救われ、神の手を差し伸べられ
 生きる勇気、希望を与えられる・・

 そんな笑って生きてん様を尊敬してやみません。 sn

幸せ

2012年02月25日 12:10

いつも読むたびに勇気を頂きます m(__)m

同じ熊本、彼女の幸せ祈ってます♪

マコちゃん

2012年02月25日 15:13

コメントありがとうございます。
私のコトバが福になるか不幸を感じるかは
とる人の気持ちしだいです。

この人はいい方に取ったようです。
またいずれ、その方からきた手紙を披露したいとおもいます。そこにいい方に取ったことが書かれてました。

はやとうりさん

2012年02月25日 15:17

コメントありがとうございます。
恋は取りようで幸せにも不幸にも
なるんですね。

若い子はそれが分からないまま結婚して
悲劇を生むことがあるんですね。
でもAちゃんは確実にしあわせ街道を走っています。

Cookie117さん

2012年02月25日 15:22

コメントありがとうございます。
そうなんですよ。物事、自分のいい方に
解釈すれば立ち直りも早いし、明るくも

なれます。まだまだ面白いことがたくさん
あります。これからもよろしく。

SNさん

2012年02月25日 15:26

コメントありがとうございます。
こちらの気持ち通りとってもらえれば私も

しあわせです。草じゃない場合もあります。
でも私は私、人は人そう思ってアドバイス

しています。

keiちゃん

2012年02月25日 15:29

コメントありがとございます。
熊本だったんだ。熊本の話もたくさんあります。
いずれまたお話したいとおもいます。

No title

2012年02月25日 15:39

こんにちは♪
またまた素敵なお話ですね(^^)
きっと、その娘さんが素直にけんしさんのお言葉を
聞いて良い方に考えて生きたから、
幸せが転がり込んできたんでしょうね。
泣いたぶんだけ、幸せになれますよね。

No title

2012年02月25日 18:51

v-224こんばんは
悲しみ禁止の立札・・・・涙はいくつあっても足りないよ
良い言葉ですね悲しんではいられないです
結婚して 子供をつくり 幸せになってほしいです
1年に1回でも手紙で近況報告出来ることは
幸せの しるしだと思います

ふわころさん

2012年02月25日 20:04

コメントありがとうございます。
ふわさんのところのるーととひなに愛着を感じて

いる私としましてはブログ開くたび、
友達を見るようです。

青い空さん

2012年02月25日 20:08

コメントありがとうございます。
最近ますますすばらしい作品を残していますね。

見る見るうちに腕をあげうれしい限りです。
鳥の作品はこめんとのしようが無いほど

感激しました。これからも良い作品を残し
くださいませ。

いいお話でした。

2012年02月25日 23:07

一ノ宮さんの一言が 彼女を前向きに、
そして 垂れた頭を挙げさせてのですね。
傷心しきって、雨に濡れていることさえ
構わないと投げやりだった彼女。

あの日 一ノ宮さんと出逢わなければ
また 同じような涙を流すかもしれない。
そう思うと 彼女にとって
人生のターニングポイントだったと
思います。

TOOKOさん

2012年02月26日 04:03

コメントありがとう。
人生の裏側まで覗けるトコさんだからこそ

彼女の心情、行動が手にとるようにわかると
おもいます。これからも私にまつわる彼女らの

こころを覗いていただければ幸いです。

私も乗ってみたい!

2012年02月26日 06:01

けんしさんのタクシーは、「ととろバス」みたいですね。

「乗ってくかい?」って、声をかけられたら、今は恐い世の中なので、絶対に拒否すると思うんですけど、

けんしさんて、「ととろ」に似ているのかしら?
きっと、見た目もやさしいんでしょうね。。。。。想像しちゃいます。

ポンセさん

2012年02月26日 06:50

コメントありがとう。
スロバキアではタクシーを利用してますか?

お国の事情が違うので同じようには乗れませんが
日本でも簡単には乗らないとおもいますよ。

乗せるコツ、心を一瞬でつかむコツ、断わられたら
次のトークと出てこなくちゃ人の心ってつかめないと
おもいます。赤ちゃん大きくなりましたか?

こんにちは^^

2012年02月26日 10:40

けんしさんのタクシーは、
宮崎駿監督のアニメの『となりのトトロ』のととろバスのととろさん。。。
すご~い!素敵!!

私も、笑って生きてんさんの温かさは、そんな感じかなって、今、コメントを見ていて思いました。

温かいですよね^^

人生が折れてしまうほど辛いときに、笑って生きてんさんに出会えて、傷が癒えて、より強くなっていける。。。
そんな、出会いをブログで見させていただけて、
本当に心が温かく嬉しくほっと致します。
いつも、ありがとうございます。

イチゴジャムさん

2012年02月26日 16:53

コメントあるがとうございます。
となりのととろって私は知りませんが皆さんが
そういいます。

見栄も地位も金も縁のない私ですが
人脈だけはたくさんあります。

今日も明日も利益の無いことに頭を突っ込んで
生きています。

No title

2012年02月26日 20:06

こんばんは。
いつも応援メッセージありがとうございます。

美しい話に感動して少し目頭が熱くなってしまいました。娘さん、本当に神様が救ってくれたのでしょうね。
そして笑って生きてんさんという神様の使いの様なおじさんによっても^^

No title

2012年02月27日 08:09

初めまして いつも訪問ありがとうございます 訪問するたびにいい話だな~って感じながら読ませていただいています 今回も素敵なお話ですね 失恋した彼女の心に凄く響いたのではないでしょうか「神様が助けてくれたんだよ」 きっと人生の転機だったんでしょうね 彼女が自分がきっかけで幸せになったって思うと嬉しいですよね  これからも彼女からの手紙楽しみですね 

ステージさん

2012年02月27日 11:30

コメントありがとうございます。
娘を持つ父親としては気になる話かも

しれませんね。ステージさんも娘の動向
、年頃の娘、気がぬけませんよ。

でも心が純粋だから立ち直りも早いのがいいですね。

福を呼ぶさん

2012年02月27日 11:34

コメントありがとうございます。
彼女が明るく前向きだから立ち直れたのでしょうね。

こういう人、
以外に多いのです。

また手紙などいずれ紹介いたします。

No title

2012年02月27日 15:31

何が幸で何が不幸なんて
先に行った見ないとわからないですね。
結構不幸だと思っていた
人生が今は結構仕合わせ者だって、思えるし・・・・
これからどうなるのか解らないけど
日々終日が「良かった」で終わるように
生きたいと願います^^V

ゆっころさん

2012年02月28日 03:41

コメントありがとうございます。
言われるように何が不幸で何が幸か
分からないですが

気の持ちようでいい方に考えれば楽しい
やりやすい生きていきやすいのではありませんか。
私のように深く考えないものよしあしですが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。