FC2ブログ

06月 « 2020年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

ありがとう

2011年 09月14日 18:08 (水)

2011年9月15日
先日、昨年、結婚式を挙げた。Aちゃんから子供が生まれたと言
うメールが来た。
今回はこのAちゃんの結婚式で感動したことをお話いたします。

Flower1-003.jpg

尚、コメントのご返事は事情があり、当拍手欄・コメント欄から
しばらくお返しいたします。

Aちゃんの結婚式。式も始まり友人親戚の歌やメッセージ・宴も
クライマックス・式も終わりに近かづいたころ、Aちゃんのお

父さんが娘A子さんに贈るコトバを読み上げた。
A子は中学生のとき、いじめにあっていました。だが当時、私に

一言もいじめにあっていることを語ってくれませんでしたが母親
の態度でわかっていました。

なんとか励まそうと夜、A子の部屋に行くと彼女はいつも眠って
いました。そしてそのまぶたからいつも涙がこぼれていました。

ベットの中で寝てからも涙をながすA子の涙をふいてやり、「が
んばれよ、負けるなよ」と部屋を出るとき寝てるA子に声をかけ

てやるのが私にできる精いっぱいのことでした。
そんなA子も無事中学・高校・短大と卒業し、こうしてSさんと

結婚することができました。
みなさん今日は本当にありがとうございます。とお父さんはうれ

しさが、ひとしおであったのか、目がしらを拭きながら会場の皆
さんに過去の出来事を披露した。

その後、A子ちゃんが最後の言葉をみんなの前で挨拶した。
おとうさん!中学のときいじめにあっていたとき、毎晩お父さん

がわたしの部屋に来ていたのを私は知っていました。あの時、私
はおきていました。そしてお父さんが涙をふいてくれがんばれよ!

負けるなよ!と励ましてくれたおかげで私が耐えることも我慢す
ることもできました。本当にうれしかったです。

あのときのお父さんのおかげで、いじめを乗り越えることができ
ました。お父さんありがとう・・・と言ったとき聞いていたわた

しの胸は熱くなり涙があふれてきた。

なぜなら私もAちゃんをつれ教育委員会などを回っていたから
である。あのときの壮絶ないじめを知っていたからである。

だがそれを乗り越えいまだに家族ぐるみの付き合いをしている
のであった。

               タクシー詩人 一宮けんし
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

2011年09月14日 18:57

そうですね・・・・・。
いじめに在っている事を知ったご両親の気持ちは辛かったと思います。
父親の慰めを知っていたお嬢さんも素晴らしいですね。だから・・・乗り越えられた。
私も、必死で守った事を思い出しました。
学校から帰って来た顔色で辛くなったり、
帰ってくるまで心配でした。
ドラマのような日々でした。
けんしさんの、大きな深い愛を感じます。

2011年09月14日 20:44

素敵なな女性になられてよかった。
ご両親の愛は、ずーと心の中に残っていくことでしょう。
「これからも幸多き人生となりますように」・・・。

はやとうりさん

2011年09月15日 03:13

コメントありがとうございます。
今回はありがとうというタイトルで実話を
紹介しています。人生を積み上げたお二人
でこれからも幸せにおくらしください。

マコちゃん

2011年09月15日 03:17

コメントありがとう。
こんないじめ・登校拒否の支援を始めて
30年になります。でもこのように長い
お付き合いができるって人生ってすばらしい
と思いませんか?これからもよろしくね。

恵子ママ

2011年09月15日 03:22

コメントありがとうございます。
いじめ・登校拒否の支援をして30年。
卒業してポロシャツをはじめての給料で買ってくれたり、帽子を贈ってくれたり、すばらしい人の輪が出来上がっています。
これからもよろしく。

2011年09月15日 08:51

胸が熱くなり
涙で画面が見えなくなりました。
お父様は自分のできる最大限の愛を
A子ちゃんに向けていらしたのですね。
そのメッセージがちゃんと届いていたことがどんなに嬉しかったことでしょう。
けんし様もA子ちゃんに寄り添ってあげていらしたのですね。
朝から愛と元気をいただいた気がします。
けんし様ありがとう。

2011年09月15日 08:52

こんにちは!

私の姉もいじめにあっていた時期があるのですが、いじめられている子供を持つ親もその家族も、とても苦しい思いをしますよね。自殺はいけないことですが、それを選択してしまう子供がいるのも分かるくらい。

Aさんは見方が沢山いて良かったです。
読んでいて私も感動しました!

イブまま

2011年09月15日 09:05

コメントありがとうございます。
涙で画面が見えなくなったと言われ私の方が
また目頭が熱くなりました。真剣に支援し励ましまわれるとこはすべて回り卒業しましたからなおさら思いがあるAちゃんでした。
これからも見守りください。

L姉さん

2011年09月15日 09:09

コメントありがとう。
アメリカは涼しくなりましたか?
いじめなんて一番醜いやりかたで配下に置き
隷属させるのですね。まだまだこの問題に取り組んでいくつもりです。よろしくお願いいたします。

涙がこぼれました

2011年09月15日 09:37

笑って生きてん様へ こんにちは!

読ませて頂いて私も涙が出てきました。
 親が子を思う気持ち!!
 その愛をしっかりと受け止めていた子供の心・・
 この愛こそが、何にも変えることの出来ない親子の絆ですよね!!
こういう子が立派な大人になって行くんでしょう!!
感動的な、お話ありがとうございました。
そしてまた、私のブログへのコメント、「明日への希望」「生きる勇気」を頂いております。ありがとうございます。  sn

こんにちは

2011年09月15日 09:55

苦しい時を
そっと 支えてくれた A子さんのお父さん 素敵な方ですね
さぞ ご自分も辛かったろーに・・・
その気持ちが ちゃんと A子さんに 通じて 頑張れたのかもしれませんね
親の愛って 素晴らしい

SNさん

2011年09月15日 10:13

コメントありがとうございます。
先生の広いまなざしで親子の心の中の絆を
見抜けるなんて深い心がなければできないと
おもいます。ありがたいコメント再度ありがとうございます。

kotoneさん

2011年09月15日 10:17

コメントありがとうございます。
親子の絆をわかってくださってありがとうございます。このA子ちゃんんはいろいろなかかわり、彼女の思いやりなどを今でも感じています。機会がありましたらまたご紹介したいと思います。

2011年09月15日 14:01

ともに、「笑って生きてん」「人と笑う」ブログですが・・・好いお話です。

スキップさん

2011年09月15日 14:51

いじめ・登校拒否などの力を入れてる私としては皆さんに立ち直った人たちもいるということがわかってもらえたら十分です。
やりたいこと・かなえたいことはたくさんありますが戦っていくつもりです。
これからもよろしくお願い申します。

2011年09月15日 15:20

今日はまたブログのデザインにピッタリの紅葉のお写真貼り付けてあって、とっても目に鮮やかに飛び込んできました。

誰が味方についてくれなくても、そうしてお父さんが毎晩励ましに来てくれてたなんて。
そして、お嬢さんもそれを知ってて知らぬふりをしてたなんて。
帰る場所があるというのは、その時の彼女にとっては大きな心の支えだったんでしょうね

2011年09月15日 15:22

毎度のことですが・・・・
涙がでました。いじめられていたことの悲しみも、そうですが
お父さんの優しさと、それを受け入れていた
娘さんの心への涙です♪

真心

2011年09月15日 20:45

けんしさん、こんばんは^^

いいお話ですね。お互いに確認できるまで
時間が掛かろうと、真心は必ず通じるので
すから人間捨てたものではありません。

Åさん、これからも人生の旅が続きますけど
いい家庭を築くこともなかなか大変です。
けれども、笑って生きてんさんが傍におられ
れば心強いですね^^

yuyuへ

2011年09月16日 04:25

ベルギーは寒くなったんじゃないですか。
博多はまだまだ暑い日が続いています。
おばあちゃん大切にしてくださいね。
これからもよろしく。

ゆっころさん

2011年09月16日 04:29

コメントありがとうございます。
またまた泣かせてごめんなさい。
あなたの優しさが私に伝わってきます。
これからもよろしくお願いいたします。

すーさん

2011年09月16日 04:33

コメントありがとうございます。
あなたの原点・人間も含めて大自然の中の心、がわかるような人たちがいればいじめはなくならないと思うのいですが今の世の中
すみにくくなってるのでしょうかね?

山行蔵さん

2011年09月16日 04:36

コメントありがとうございました。
いじめ・登校拒否など支援している私には
まだまだこういう話はありますので末永く
お付き合いください。

2011年09月16日 22:04

いじめ・登校拒否
身近にもありましたので
ダブって 泣けてしまいました。
いつの時代も 「いじめ」は なくなりませんね 優越感から弱者をいじめるのでしょうか

2011年09月16日 23:06

こんばんは。
読んでいて目頭が熱くなりました。
愛する娘を思う気持ち、心がちゃんと娘さんに伝わってたのですね。そのAちゃんも今度は子を愛する母になるのですね。

トマトの夢さん

2011年09月17日 05:05

コメントありがとうございます
いじめでなくても同じような苦しさを乗り越えてきた人にはこのご両親の気持ちが人より
は強く受け止められているとおもわれます。
これからもよろしくおねがいいたします。

ステージさん

2011年09月17日 05:09

ありがとうございます。
ステージさんの涙は親からあなたへそして子供へ孫へ必ず受け継がれていくものです。

あったかいものをやはりあなたももっているとおもいます。これからもよろしく。

こんにちは~!

2011年09月17日 09:47

辛い時に、陰からそ~っと支えてくれている
A子さんのお父様って素敵な方ですね。
我が子の悩んでいる姿を眼にし
さぞお父様も辛かったでしょうね~
お父様の気持ちは、しっかりA子さんに伝わっていたので
A子さんも頑張れたのでしょう。
親の愛って最高~素晴らしいですね。
涙腺が弱い訳ではないけれど、読んでいて涙が止まりませんでした。

今tomoも、ブログ上で嫌な思いをしていました。
気にするな~と皆さん励まして下さるので頑張ろうかなと思っています。

トモさんへ

2011年09月18日 03:51

コメントありがとうございます。
あなたのやさしさが私に伝わってきます。
きっとあなたの愛は子供へそして孫へと伝わっていくとおもいます。これからもよろしくお願いいたします。

ミー子さんへ

2011年09月18日 03:55

コメントありがとう。
いやな世の中でありますがあなたも負けずに
がんばってください。これを機会においで
ください。胸のうちをお聞かせください
笑いが出てきますよ。これからもよろしく。