08月 « 2011年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お礼が一人で飛んできた

2011年 09月27日 12:28 (火)

2011年9月末 朝夕めっきり寒くなった朝だった。
タクシーを出庫しようとした時、同僚が後ろから寄ってきて「一ノ宮さん」と声
をかけてきた。・・・

とんぼ

尚、コメントのお返しは拍手欄かコメント欄からしばらく返させていただきます。


・・・声の方を振り向くと前日勤務の同僚が、洗車を終え「一ノ宮さんの彼女を
昨日、乗せたよ」とニコニコ笑いながら近寄ってきていた。

「彼女?」と首をかしげながら念を押すと・・
「そう、彼女!」「どの彼女かな、一ぱい、おるからわからん」と答えると。

「昨日、乗せた客がお宅の会社に一ノ宮さんっているでしょう」
と聞かれ「はい!いますよ」と返事をすると、

「私、2年前、お世話になりました」と言って一ノ宮さんとの怪しい関係を説明
してくれたと言う。その同僚の話によると2人の秘めた関係は・・・
 
花
2011年9月29日

同僚の話を最後まで聞くと、お世話になりましたと言って降りようとした彼女が
片足を地面につけ突然降りるのやめ同僚に一言「ああ、忘れていました。一ノ宮

さんにこれだけはお伝えください」今、新しい彼氏ができバリバリやっています」
と言って降りて行ったと言う。

あれは2年前博多駅前の入りこんだ裏通りビルの谷間の薄暗いところで座り込ん
で泣いていた若い女性がいた。

タクシーを止め後ろドアを開け「どうしたの?」と声をかけると泣きながら乗っ
てきた。西区までというので時間もあるので「苦しかったたら横になっていても

いいし」「はきたかったら車を止めるから言って」と言うと「おじさん!私世の
中がおもしろくない。明日会社、行きたくないやめようかなと思ってるの」と開

口一番、訴えてきた。
「そんなのはどうでもいいと、あんな暗がりでうずくまっていたら車に引かれる

よ」「先月もあの暗がりで無灯火の自転車の高校生が車と衝突、高校生は即死」
「おじさんも現場をちょうど通りかかり目撃したんだけど母親が動かぬ息子の

頭に手をやり、新太郎!起きんね、起きんね、目を開けんね、眠ったらいかん
眠ったらいかんよ、目を開けてーと叫んでいたとよ」

と私が事故の話をし、興味を私のほうに向けさせ彼女の話を聞かないふりをして
即,彼女の耳をこちらへ向けさせた。

「会社やめたいとか、行かんとかじゃ無かろう。どうせ彼氏にふられたっちゃろ
う」と言うと事故の話から彼女の悩みをずばり言ったものだから完全に私の話を


聞こうとする態度に変わっていた。そこでもう一つ度肝を抜くコトバを彼女に発
した。「おめでとう、良かったね。彼氏にふられて!」と言うと・・

「何でおじさん?私ふられたのよ、悲しいとよ」
「だからおめでとう!と言ってるの」

彼女は同情のコトバをかけてもらいたかっただろうが予想もしてなかったコトバ
におどろいていた。

聞く耳をもたせたところで理由を話してやった。
「いいね!あなたみたいなかわいい娘を捨てるくらいだから、彼が浮気したんだ

ろ。別の女性に心変わりしたんだろう」と念を押すと「うん、そう」と答えた。
「だからおめでとうと言ってるの」「どうしておじさん?」

「あのね!もう一度、言うよ。あなたみたいなかわいい子を捨てて浮気するくら
いだから、顔もいいだろうし、心変わりの早い人でしょう。だったら、このまま

あなたとの恋が実り結婚したとしよう。結婚して子供ができ、子どもを置いてあ
なたの元を去ってごらん。もっとみじめよ」

それとも子供かかえておとうさん帰ってーとテレビに出て訴えるね。それこそみ
じめよ」「だから神様がここらで分かれなさいと教えてくれたんだよ」

と言って私は「君のふだん着の こころがいいね!」と言う詩を色紙に書いてや
った、「あなたはこころがやさしくて、いい人だから、きっとすぐ見つかるよ」

と言って渡していたのであった。そのときはもう泣きやんでいた。
その彼女とは2年間、会うことも無かったがお礼のコトバだけが同僚を通して帰

ってきたのであった。会うことはその後もなかったがこうしてどこかがつなっが
っていたのであった。

              タクシー詩人 一ノ宮けんし
スポンサーサイト

脅されていたデパート店員

2011年 09月24日 05:22 (土)

大変申し訳ございませんが、只今忙しくコメントは当拍手欄・コメント欄から
お返させていただきます。次回は2年目に人伝てで届いたお礼の話をします。

IMG2009120015.jpg

2011年9月24日 先週に続きまた連休である。行楽のシーズお出かけの
方も多いと思う。福岡では博多駅・天神のデパートなど買い物客でにぎわって

いた。そんな賑わいと裏腹に都会の裏側で起こっていた事実を今回紹いたしま
す。あれは2年前9月であった。

午後11時ごろ天神のある有名なデパートの裏側で客を降ろしたあとすぐ乗り
込んで来た客がいた。

30の中ごろだろうか、あまり元気がない男性であった。車は裏側から表の渡
辺通りへ出て、後は一直線に春日市へ向け走り出した所で、突然私に「運転手

さん聞いてください?」切り出した。胸につかえていたのか、とても深刻な声
であった。と言うことで後部座席の客が話してくれた事によると・・・

あるデパートで部下が挙動不審な男を見つけ万引きでもするようなしぐさをし
ていた。何度も繰り返すので万引きする前に注意をしてやろうと近かずき注意

したと言う。ところがこの男、態度を一変させ万引きもしてないのに万引きと
は何だ!俺は暴力団員だ。謝れ、落とし前をつけろ!大声を出し始めた。

そこで部下が私を呼んだので行くとケリをつけようと暗に金の要求をしてきた
のであった。こうして8ヶ月要求されていると言う。

上司に相談したらと私が言うと実は私の店はテナントでデパートに入っている
ため出店条件がトラブル,もめごと、不祥事を起こさない事、もし一つでもあ

った場合、即、出て行ってもらうという誓約書を契約と同時に書いているため
相談できずに悩んでいると私に訴えた。

私に訴えたところで問題が解決するわけでもないが誰でも良かったのであろう
気が休まるなら、そう思って胸のうちを開いたと私は感じた。彼はまじめな人

で、さほどたいした問題でもないのにこの8ヶ月悩み続けていたのだと思った。
どうしたらいいと思いますか?と聞く客に私は即座に、脅している客は暴力団

員ではありませんよ。と答えてやった。「えっ!」と驚く彼に本当の暴力団員
は脅すときはじめから俺は暴力団だ!と言いません。言った時点で警察に通報

されれば即つかまりますよ。それに本当の暴力団員は右翼の名前を使ったり、
暴力団関係者を知っていると遠まわしにせめてきますよ。この人はちがいます。

それにすぐ大声を上げる人は気の小さい人ですから威圧的に出ると引っ込む場
合があります。4Wに乗ってる人は、女性や小柄の人が多いのは上から目線で

威圧的になれるからですよ。と他にいくつか要素を教えてやり、最後に私では
金銭的、権限がなくどうすることもできませんので、県警出身で暴力団担当だ

った保安係に頼んでいますのでそちらのほうへ行ってください。私より金の権
限も法的権限ももっていますからと言ってごらんなさい。

と教えてやると彼はよろこんで「ありがとうございました」早速そのようにや
って見ますと降りるとき、握手を求めてきた。

そしてわたしの名詞を渡し、話がこじれたら電話ください。別の話をしてあげ
ますからと彼と別れた。

あれから2年目、先週の連休、場所がぜんぜん違うヤクインから乗った彼と再
会した。あのとき言われた通り話しをすると、あれ以来、顔を見せることも電

話をかけてくることもないと言った。そして「その節はありがとうございまし
た。これをどうぞ!」・・と言って小さな紙袋を私に渡し、降りて行った。

その中にはあのときの講演料なのかシュークリーム2ヶが入っていた。
話は辛かったがシュークリームは甘かった。
               


                        タクシー詩人 一宮けんし

食欲の秋

2011年 09月20日 04:55 (火)

2011年9月20日 食欲の秋・休みの日、博多駅や、天神に行く
と食事するところはどこへ行っても超満員である。

食欲の秋ということで・・・
今日はこの食事にまつわるお話させていただきます。

牛

ご無沙汰いたしております。仕事イベント等が忙しくごめんなさい。
尚、しばらくコメントは拍手欄・コメント欄からお返しいたします。

天神から市内の有名な焼肉店へ乗せた女性客2名。顔はかわいくて美
人であったが太りすぎ大きな体でタクシーに乗ってきた。

「よいしょ!」と先に乗った1人が「どっこいしょ!」と後から乗っ
て来た1人が言った。50前後の女性2人。

昭和通りから土居通りの信号を右折し櫛田神社の方へ走ると、やはり
秋なのか今から結婚式を挙げる花嫁が前を横切り神社の門へお供を連

れ入ろうとしていた。
私が「わあーきれいですね!」と後ろの客へ言った。

客も「わー、きれい」と声をあげていた。
そして私が「お客さんたちはもっときれいですよ」とお世辞をこめて

言うと「何、言ってるの運転手さん!とっくに女は捨てたのよ!」と
私の後ろの客が言った。

「女を捨てたって、どういうことですか?」と聞けば「ブラジャーを
をはずすことよ」と答えたので「えっ、そうなんですか?、じゃ左の

奥さんもですか?」と聞くと「私も女は捨てたけどこの人とは違うわ
よ」「男以上のいびきをかくことよ!」と教えてくれた。それも笑い

ながら「運転手さんも精力が落ちることがあるのよ。気をつけなきゃ」
「私は大丈夫、精力なんて落ちませんよ。だって男だからおちんこっ

て言うでしょ!」と言うとタクシーの中は笑いの渦になっていた。
無事、焼肉屋へつき降りて行く2人に・・

「焼肉一口 脂肪は一生」と言う詩を口ずさんでやった。

                タクシー詩人 一宮けんし

ありがとう

2011年 09月14日 18:08 (水)

2011年9月15日
先日、昨年、結婚式を挙げた。Aちゃんから子供が生まれたと言
うメールが来た。
今回はこのAちゃんの結婚式で感動したことをお話いたします。

Flower1-003.jpg

尚、コメントのご返事は事情があり、当拍手欄・コメント欄から
しばらくお返しいたします。

Aちゃんの結婚式。式も始まり友人親戚の歌やメッセージ・宴も
クライマックス・式も終わりに近かづいたころ、Aちゃんのお

父さんが娘A子さんに贈るコトバを読み上げた。
A子は中学生のとき、いじめにあっていました。だが当時、私に

一言もいじめにあっていることを語ってくれませんでしたが母親
の態度でわかっていました。

なんとか励まそうと夜、A子の部屋に行くと彼女はいつも眠って
いました。そしてそのまぶたからいつも涙がこぼれていました。

ベットの中で寝てからも涙をながすA子の涙をふいてやり、「が
んばれよ、負けるなよ」と部屋を出るとき寝てるA子に声をかけ

てやるのが私にできる精いっぱいのことでした。
そんなA子も無事中学・高校・短大と卒業し、こうしてSさんと

結婚することができました。
みなさん今日は本当にありがとうございます。とお父さんはうれ

しさが、ひとしおであったのか、目がしらを拭きながら会場の皆
さんに過去の出来事を披露した。

その後、A子ちゃんが最後の言葉をみんなの前で挨拶した。
おとうさん!中学のときいじめにあっていたとき、毎晩お父さん

がわたしの部屋に来ていたのを私は知っていました。あの時、私
はおきていました。そしてお父さんが涙をふいてくれがんばれよ!

負けるなよ!と励ましてくれたおかげで私が耐えることも我慢す
ることもできました。本当にうれしかったです。

あのときのお父さんのおかげで、いじめを乗り越えることができ
ました。お父さんありがとう・・・と言ったとき聞いていたわた

しの胸は熱くなり涙があふれてきた。

なぜなら私もAちゃんをつれ教育委員会などを回っていたから
である。あのときの壮絶ないじめを知っていたからである。

だがそれを乗り越えいまだに家族ぐるみの付き合いをしている
のであった。

               タクシー詩人 一宮けんし

幸せってあんがい近くにあるものさ!

2011年 09月11日 05:28 (日)

2011年9月13日 感動の次回作は只今忙しく明日かあさってになります。
コメント返しはしばらく拍手欄・コメント欄からお返しいたします。

Nature1-005.jpg


ref="http://blog-imgs-17.fc2.com/i/t/i/itinomiya109/201107310457121e0.jpg" target="_blank">カラー詩笑って生きてん 1900

2011年9月10日 昨日土曜日夜、大牟田線のある駅前で上司
と部下らしい2人づれを見た。

この2人以前、中州から乗せた2人組みだった。
その日も日が変わり午前様になっていた時間であった。タクシーの

後部座席に陣取った2人はかなり酔っていた。
「君は何時ごろ、家を出るんだい」と課長らしき人が部下なのか若

いサラリーマン風の男に尋ねていた。
若い男は「6時40分ごろです」と答えた。

すると課長らしき人は「そんなに早く!」
「いえ!もう10分ぐらい早く家を出るんです」

「そんなに早くか?」
「はい、ゴミを捨てなきゃならないもので・・・」

「へー、ゴミを捨てているのか?」
「はい、ゴミを捨てなきゃ、ボクガ捨てられますから」

「そうか、そうなのか、ボクもだよ」と課長らしき人が言ったとき、
黙って客の話を聞いていた私は、実はボクもですと話に加わりたか

った。こんなことを思い出させてくれた、ある大牟田線の駅前居酒
屋の前であった。


次回は、こんなお父さんが涙を流す。ちょっと感動するお話をさせ
ていただきます
             
                 タクシー詩人 一宮けんし             

フライドチキン

2011年 09月07日 05:50 (水)



コメントは当分の間コメント欄・拍手欄からお返しいたします。

2011年9月7日 政治のドロドロした話はたくさんあります
。今回の反響の大きさにびっくりしています。まだまだ話はつき

ませんが周りに命を落とした者もいますので「笑って生きてん」
が身上の私としましては政治の話はとりあえず前回で打ち切らせ

ていただきます。




2011年9月7日 中央区のコンビ二におしっこがしたく立ち
寄った。カウンター横に揚げたてのフライドチキンのケースがあ

り、もう売れたのか3個しかなかった。フライドチキンの好きな
私としてはおしっこよりフライドチキンが欲しく、男の店員にこ

の真ん中のふんわりとこげた他の2個より大きなフライドチキン
を指指し、これ頂戴というと店員は「はい!これですね」と言っ

たので「そう、これよ」と指差し念を押し、金を払い「袋に入れ
といてね」と言ってトイレに行った。ついでにパン1個追加して

だ。すぐ戻ると店員が「はいどうぞ」と袋を取って私にくれた。
車を走らせ静かになった通りで袋をあけ、運転しながらパンを食

べ、次にフライドチキンを取り出し食べた。運転しながらだから
チキンも見ずに口にしたら硬かった。思わずチキン見ると私が頼

んだチキンと違っていた。1番小さな真っ黒に日焼けした1番私
が敬遠したチキンが今、私の口の中で私と戦っていた。骨と肉が

愛し合っているのかなかなか離れない。しるけ(汁気)も無い。
しるか(知るか)と言う顔をして真っ黒に日焼けしたフライド

チキンは私を見ている。
フライドチキンに罪はないが今度コンビニの店員にあったらチキ

ンチキンにしてやろうと思った。
                 タクシー詩人 一宮けんし


燃えとう会

2011年 09月02日 11:23 (金)

カラー詩笑って生きてん 072

2011年9月2日パソコンの調子がおかしくお休みしている
間、たくさんのコメントやメールを頂きありがとうございまし
た。

9月いっぱいかかってもコメントはお返しいたしますので気長
におまちください。

昨日、佐渡ヶ嶽満宗親方より9月11日より始まる大相撲秋場
所の番付表がとどいた。琴将菊和弘が東の関脇、琴欧州克紀が

西の正大関、不祥事が続いたが巻き返し土俵を盛りたてて欲し
いものである。


さて前回の続きになりますが政界から身を引いたはずであった
が新進党の事務局長と00市の市長からぜひ秘書になって欲し

いと要請があり断ったが、たっての頼みに育ての親であるK市
の市長に挨拶に行ってください。(今は自民党の大物代議士

の後援会長)対立することになるかも知れない。
そんな時であった。小沢一郎氏から手紙がきたのは自民党を

飛び出し2大政党をつくり、公務員改革と議員削減を実現す
るために00君をよろしく頼むとという内容の手紙であった。

K市(前市長)に挨拶に行くことと2年間だけという条件を
つけ秘書になったのであるが、人気のないこと、評判の悪い

ことK市の市長に比べれば雲泥の差であった。こんな中、組
織を作っていった。協力するものなどいない中、支持してい

た後(のち)の県会議長と涙を流したこともあった。
そんな時、支えてくれたのが石原都知事の秘書や20年前の

尖閣諸島で中国国民が旗を立てたのを海の中へ日中両国民が
見守る中、投げ捨てた男である。

00市長のため組織を作っていると思ったら腹がたつが自分
の組織を作っているとおもったらいいと教えてくれた。

本来反対派の選対本部長まで「知らないで秘書を引き受
けたのだろう。でも帰ってくるな!と食事をしながら諭して

くれた。そこで,この市長のためでなく4市1町のためと頭
を切り替え「燃えとう会」という組織をつくり当時の自民党

に反発していた自民党員や商工会・県庁職員まで取り込み2
市1町の組織を作り上げて行ったのである。

その組織が今でも生きているのであった。
このことがさらに私の人脈を大きくしたのであった。

私は政治が嫌いで2年できっぱり足を洗ったが政界の汚職な
ど中央の捜査機関まで何とかしてくれないかと言ってくるよ

うになった。そのこともいずれ皆様にふれる機会がございま
したらお話することにしますが今回の話はこれまでにいたし

ます。この後K市長と別に私自身の人脈が出来上がっていた。
この人脈が汚職市長や収賄町長などをやつけていくのである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。