07月 « 2011年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝!

2011年 08月24日 04:37 (水)

2011年8月24日 プロフィルの紹介を前回いたしたところ
たくさんの人たちからコメント頂きありがとうございました。

今回は前回に続き私の回りに人の輪が出来上がりそれがとてつも
ない大きな輪になった話をさせていただきます。


市長の元を政治がいやになり飛び出し、また助けて頂いた人がN
町町長でした。

高校の先生の実家を飛び出し、事業をはじめました。このとき支
援して頂いたのがN町の町長でした。

この方は福岡女子商の創設者で新幹線博多車両基地をN町に作り
その見返りにJRから福岡市より行きとどいた道路を縦横・斜め

と作らせた人であった。話が長くなるので後回しになったが・・
高校の先生実家のお父さんは公立も含め3つの保育園の園長・2

つの身体障害者の学園理事長・T郡公民館連合会会長・00理事
長など38の肩書きを持つ人であった。
40数年前、当時自民党・農政連の強い地盤で運動員は私一人と

言う中で組織もなければ資金も地盤もなかった中、浮動票を基礎
に商工会中心に保守票・革新票を積み重ね他市町村にも呼びかけ

K市市長になった。そのお父さんについて回りたくさんの勉強さ
せて頂いた。このため池にマラソンコース・サッカー場を作り若

い子供たちに運動できるスポーツ公園を作るんだよと言っていた。
西郷隆盛は「子孫に財産は残せないが、若者が働く美田を残した

い」と言ったがボクはここにみどりとスポーツが出来る公園を作
るんだと唱え地元の農家の人から石を投げられたこともあった。

愉快な仲間 005

当時の農家はため池をつぶしマンションを建てると息巻いてい
る時、ため池条例を作り石を投げられたり、裁判にかけられた

りしたが無事、花見の季節は近隣市町村の人たちまで集まるス
ポーツも出来る公園ができあがったのであった。また・・

福岡市が大渇水になる10年前、川のないK市の水をうれいN
町の那珂川の下に地下ダムを作ったり、常に前を見て進んでい

た。更に自分の家は借家、雨漏りしていても市民からの苦情が
くるとすぐに出かけるお父さんに人が集まって来ていた。

当時自民党の若手で後に大臣にもなった人たちが来ていた。
そんなお父さんの生き方に心酔していった私であった。

だが少し違うのは政治家がきらいであった。地位も名誉もお金
も縁がなかった私はあまり興味もなかった。

お父さんが市長を止めるとき私もやめたがお母さんから電話が
あり今度は息子が市議会選挙に出るから事務所に入ってくださ

いと言うことで、基礎のない息子夫婦にどちらも体育教師をし
ていたのでトレシャツ・トレパン姿で遊説カーの前を走らせ

遊説カーに乗せることもなく、トップ当選をさせたのであった
。そして県議まで行った。このとき派閥会長の秘書や代議士の

秘書たちが組織の作り方、人の接し方を教えてほしい。協力し
てほしいと我が家に出入りしていた秘書たちが今は県会議員に

なっていた。完全に身を政治から引いたつもりであったがある
日皆様の知っている自民党の実力者・小沢一郎氏から手紙が来

た。ドロドロぬるぬるした自民党から飛び出し新しい党を作る
から協力してくださいと言う手紙であった。

また話が長くなるので次回お話させていただきます。
スポンサーサイト

一ノ宮けんしのプロフィル

2011年 08月20日 04:36 (土)

愉快な仲間 005

2011年8月20日 一ノ宮けんしのプロフィルを著書「がんば
って夢咲かしてん」より掲載いたします。


一ノ宮けんし


1948年生まれ 福岡市在住(大分県日田市出身)


幼い時、両親と別れる中学まで祖父、高校は中学の先生、大学は
高校の先生の実家からの支援で卒業。

卒業後N町の町長からの支援で事業を起こすが失敗。以後職を転
々とするが回りの人の温かい心と詩作で乗越えられた。

2000年タクシー会社に就職。タクシーの中で乗客の悩みを聞
き、色紙に詩を書き励ますうち、さりげない2行で書かれた言葉

が評判になり新聞、テレビ、ラジオなど、様々なメディアに取り
上げられる。

2002年みちのく夢プラザにて「みちのくを詩う」を開催。そ
の後もテレビの公開録画で谷啓氏をはじめとする俳優、歌手、タ

レントに詩を書いたりプロ野球の監督、選手の悩みや思いを聞き
ながら詩を書くなど活動の幅を広げる。

2004年~2005年には豪雪で苦しむ東北の人たちを励ます
三陸鉄道2行詩展示列車を走らせる。

現在身体障害者支援の傍ら、新聞社国際ホールなどで講演。精力
的に活動中。


追記 
            感謝


私を支援してくださった多くの方たちはほとんどがお亡くなりに
なりましたが不思議なことは故人の家族と今でも付き合いがあり
今でも支援していただいていると言うことでございます。

お読みになって、ここには紹介していませんが一流の名前・肩書
き、実績のある方たちでございます。この人たちとのかかわりを

どのように持ち支援していただいたか、次回お話いたします。                

(2)犬にありがとう

2011年 08月16日 04:44 (火)

カラー詩笑って生きてん 104

2011年8月16日 前回、山に来た私は人の気配もいない竹
山で組合長を何度も呼んだ。

だが反応がなく6回ほど呼んで、かすかに犬の遠吠えが聞こえた
。しばらくして「ワンワン!」と泣き声が大きくなり私の前に現

れた犬は紛れも泣く組合長の飼っている柴犬であった。
だが私の前に表れた犬は最初の鳴き声からだんだんと厳しい泣き

声に変わり最後はうなり・次は牙をみせた。
あれほど会ってるのに何故だ!私を知ってるはずなのにどうして

と思うと、ついつい口に出たコトバが「このバカがァ!」「何で
判らんと!」と言って飛び掛ろうとしてる犬に向かって指を刺し

ながら叫ぶ「このバカ犬が!」一歩前に出るとすると犬は一歩さ
がった。また一歩進むと、また犬は一歩後へ退く。

はあ!まさかと思った時・道が二股になっていた。それを後を向
いたまま柴犬は右の道へ後を向いたまま入って行った。

「えっ、まさか!お前は道を案内してるのか?」と尋ねるとくる
っと前の方を向き進み出した。私が遅れると、また振り向き「ワ

ン」と吠えて早く来いよと催促するのであった。右の道は私が上
を望んだ山を7Mほど取り囲みまた背ぶり山沿いに地上と平行す

る山道であった。しばらく後をついて行くと柴犬は私の方へ振り
向き一声「ワン!」と吠えると地上と平行線の右道を私の方から

見ると左に直角に上がるよう自分が先に上がり私に催促した。
バカ犬どころかお利口な犬であった。急な坂なので私が立ち止ま

るとまた振り返り早くしろ!と吠えるのであった。30分ほど登
ると組合長が見えた。

組合長はたけのこの竹に何年もの何年生まれと印をつけていて足
を滑らしたらしい。たいしたことは無く自分で立ち上がれるのだ

が柴犬が一ノ宮さんの声を聞くなり全速力で山を駆け下りて行っ
たと笑いながら話してくれた。

私がじれったく思った以上に柴犬はバカ一ノ宮がァ!と思ってい
たのがよくわかった。

私には色んな人たちが支援してくださっているがこんな犬まで支
援してくれているのかと思うとうれしくなり、この柴犬に感動し

た私でした。
そこで次回は多くの方々(犬も含む)が支援してるのは何故だろ

うと思っている方たちのために私のプロフィルを掲載いたします。
           
             タクシー詩人 一ノ宮けんし 




犬にありがとう

2011年 08月13日 04:43 (土)

カラー詩笑って生きてん 097

2011年8月13日 私のブログを覗いてる犬さんネコさんを
可愛がっている人、今回はかわいい犬の話ではありません。

私が勘違いし犬に申し訳なく思ったお話です(この絵の犬とはち
がいます)

今朝も表通りに出て見ると・・近所のAさんが白いマスクをして
会社へ行っていた。

「お盆休みではないのですか?」・・と声をかけると「風邪をこ
じらせ、仕事がたまったので休みなしです」・・と答えた。

「休みがなくてはSちゃんかわいそうですよ」と彼の長男(保育
園児)の擁護をしてやった。

Sちゃんは今朝も出かけるとき玄関先で、どこかに連れて行って
という目つきをしてマスクをしているAさんを見て・・

「パパ、今日も給食当番?」と言ったときは背中に刺さりました
と言った。Sちゃんは知ってて言ったのか?間違って言ったのか

分らないがまちがいなら同じようなまちがいを私もしたのであっ
た。

私には後援会長が2人いる。1人は福岡市を中心とした財団会長
。もう1人は近隣市町村組合の組合長。

今日のお話はこの組合長が飼っている犬の話である。常に組合長
に付き添い自宅と組合、山や畑、田んぼなどにも軽トラックに自

ら飛び乗り行動を共にしてた。組合に着いたらトラッツクから下
りてトラッツクの下にもぐりただひたすら主人の帰りを待つので

ある。
ある日、私が急用が出来自宅にお邪魔すると、たけのこ山に行っ

ていると家族から知らされ県道をくだり、たけのこ山の入り口に
車を止めると組合長の軽トラが止まっていた。間違いないと確信

し車を軽トラの後につけ下りて、山の方を見渡すが急な山の頂上
の方を見るが組合長の姿、人の姿、動物の姿さえ見えない。大き

な声で叫ぶが返事がない。静まり返った山。下から見ると上の方
は霧がかかったように頂上を隠していた。

そして4~5歩登って更に組合長と3度ほど叫ぶと犬の雄たけび
みたいな声がした。更に3度ほど叫ぶと犬の鳴き声がして山の中

ほどに組合長の愛犬・柴犬が吠えながら現れた。そして私をめが
けながらだ。全速力で下りてきた。それも大きな声で吠えながら、

それもいつもと違う吠え方である。私は何で吠えるんだ。ちょい
ちょい顔を見て知っているだろう。と問いかけるが吠え方が異常

であった。牙をむき出し今にも襲ってくるのではないだろうかと
いう雰囲気であった。牙を出しながら隙あらば飛び掛ろうとして

いた。泣き声、うなり、牙のむき出し吠えながら前足2本を地
面すれすれにつけ後ろ足を蹴って飛びかかろうとしていた。

ウーウーとうなりながら目玉が光ってきた。私は飛びかかれても
こまるので「やめろ、やめろ!このバカ犬がァ!」と「バカ犬」

と叫びながら両手を前に広げいつ飛び掛れてもいいように腰を
少し落とし一歩前に左足を引き、飛びかかれても後にひっくり

返らないように受け止める気で進んだ。すると・・・

また長くなるので次回にまわします。
お盆の休日はゆっくりおやすみください。ちなみに私は仕事です。

             タクシー詩人 一ノ宮けんし









(3)白いドレスで乗越えて!

2011年 08月09日 04:01 (火)

2011年8月9日 大分県日田市にお墓そうじを兼ね3日ほど
帰っていた。

そこで知人の息子とばったり会った。彼も一児の父親になってい
たがかわいいけど、子育ての難しさに直面していると言った。

夏休みになったから勉強しないとパパみたいになるよ・と注意す
ると、くるっと私に背を向け、ウェーンと泣き出しママのいるキ

ッチンへ走りだし「私、ぱぱみたいになりたくない」と涙を流し
ながら妻に訴えていたと話してくれた。

いつの時代も子育ての難しさに多くの親が直面するのであたった。

カラー詩笑って生きてん 082

今回はある高校へ来賓として呼ばれたとき、卒業生代表が女性で
あったお話をします。

最初に驚いたのは学生服やセーラ服が居座る中に薄いブルーが混
ざった白いドレスを着た女性が卒業生代表として演壇に立ったこ

とである。この場には似合わない服であったからだ。何でこんな
格好でみんなの前に立ったのかは彼女のその後の説明でよく分っ

た。父親から怒られたことも無ければまして手を上げられたこと
もないほど可愛がられて育ったと言う。

父親は会社を経営していて金銭的にも不自由することは無かった
がそう言う父親に反発し、万引きなどで高校を退学。それでも父

親は怒らなかった。そんなことの繰り返しで3校変わり全て退学
になり彼女の住む県下では行く高校もなくなっていたと言う。

外へ行く気力も無く家に閉じこもりパソコンいじり。そんな時で
あった。「タクシー詩人 一ノ宮けんしさんのブログに突き当り

昼間定時があるこの学校のことを書いていた。
そこで親に内緒で入学手続き、親に内緒で家出入学。だが夜働く

ところが無かった。だが一からやり直し勉強し大学へ行こうとこ
の時、決めた決意は強固なものであった。夜の歓楽街・中州でも

酔い客相手でもかまわなかった。兎に角親に頼らず勉強し大学へ
行くことであったからだ。

そして今日の卒業。わたしをこれまで支えてくれた先生方に感謝
いたします。それからこの会場に来てくれているお父さん・お母

さん!座ったままでいいですから聞いてください。特にお父さん
私を一度も怒りもせず育ててくれてありがとうございます。

こういう姿でこういう格好で自分の力で無事卒業いたしました。
これからはお父さんに迷惑をかけた分。大学の経済学科を卒業

したらお父さんの会社で働かせてもらいます。迷惑をかけた分
働かせてください。と彼女が挨拶終えたときは私は手を叩いて

いた。会場も拍手の渦になっていた。

            タクシー詩人 一ノ宮けんし












(2)乗越えなくちゃ!

2011年 08月04日 05:52 (木)

2011年8月4日 タクシー詩人 一ノ宮けんしは夕方仕事だ
ったため朝の運動でもやろうと表に出た。

近所の女の子(小学1年生)が掃除をしていた。顔は丸くおめめ
のパッチリしたおしゃべり好きのかわいい子である。

私が顔を見るなり「お手伝いしよるとー」と聞くとその子は、す
かさず「いいや、かせぎよるとー」とちがう答えを出してきた。

「かせぎよる?」と不審がり、更に聞くと「こづかい銭かせぎを
しよるとよ、おじちゃん」と教えてくれた。

「そう、こづかい銭、かせぎよるとね」と納得して頷くと彼女は
「ママが夏休みになったんだからそうじくらいしなさいと言われ

たとー」「そうじしてたらママが仕事から帰ってきて30円くれ
ると言ったとーだからしよるとよ、おじちゃん」と言われた。

そうなんです。乗越えなければ得られない貴重な30円。だから
彼女は必死になってそうじをしていたのだ。

このように努力して報われた高校生の話を前回に続いて今日はお
話いたします。

2009,5,31 09,1016 2011nenn      ブログ写真 043

その彼から天神で今おじさん見たよというメールがきた。
夏休みで帰省していたのである。あれは2年前・・・

K高校の卒業式に来賓として呼ばれた最初、何で?大学の先生
や中学の先生、教育関係者が居並ぶ中を有名大学の先生の横に席

が用意されていた。タクシー運転手の私がなぜ呼ばれたのかその
彼が卒業生代表として挨拶にたち初めてわかった。

彼は前の学校でケンカして停学、2回目はケガをさせ退学になり
人生落ち込み、何をしようか、どうしようか迷ったという。

母一人、子一人の家族、ついつい母の悪口と経済的なことを友達
に言われるとカッとなって手が出てしまっていたという。お母さ

んに申し訳ないと思いながらも退学になった今となってはどうす
ることも出来なかった。どうしょうもないと思いながら中学の先

生の紹介でK高校に来たとき相談室にタクシー詩人 一ノ宮けん
しさんの「転げ落ちたら また這い上がれ アリの根生見習えよ

」と言う大きな額に入った詩を見つけ、これだと思いました。
ボクの人生を変えさせてくれた一枚の詩にもう一度やり直そう。

そして回りの人や先生には言わなかったがこのとき、大学に行こ
うと決心しました。

そして大学に受かりました。「この会場の中にボクのお母さんが
いましたら立ってください」

2009,5,31 030

静まり返る会場の中、イスに座った父兄や教師、来賓などの見守
る中、一人の中年の女性が立ちあがると彼はみんなの前で「お

母さん、ボクを育ててくれてありがとうございました」
お母さんが介護士をしながらボクを一生懸命育ててくれたのに

ケンカして迷惑ばかりかけ申し訳ありませんでした」
「ボクは一ノ宮けんしさんの詩「転げ落ちたら また這い上が
れアリの根性 見習えよ」を胸にガムシャラに勉強しました。
その甲斐あって福祉大に合格しました。

そして卒業しお母さんのやってる介護士にボクもなります。
ボクを育ててくれてありがとうございました」

と彼が最後に言ったとき会場の中は拍手の渦であった。

ほかに一人女性を紹介したいのですがいつの日かまた
お話したいとおもいます。



乗越えなくちゃ!

2011年 08月01日 06:09 (月)

2011年8月1日 夏休みになって1週間以上たつのに孫たち
から電話もメールも来ない。

8月になろうとしていた7月末にママからメールが来た。
長女(小学6年)が手足口病をもらってきて長男(小学4年)末

っ娘(幼稚園)そしてママまで移され、ご飯もお菓子も食べれな
い状態であったと言う。

カラー詩笑って生きてん 073

長男(4年生)は口の中が痛いのに自分の好きな食べ物はパクパ
ク食べるから仮病を使っているのではないかとママは思ったらし

い。だが後で本人から聞いたところ事実であった。
そして末っ娘(幼稚園)日ごろ、大人なみによく食べるので顔は

まん丸、ずんぐり太った元気のよい子である。
食べ物好きのこの子が、さすがに手足口病にまいったのか?夢に

まで食物が出てくると言う。
最初に夢に出てきたコトバは「おかわり!」

その次に出てきたコトバは「いただきます!」
そして「おいしかった!」と全て食べ物を食べてる夢であった。

そんな辛さ・痛さの病を乗越えて3人がやってきた。
人生には辛さや痛さが伴うことが必ずくる。

いまの政治みたいに辛さや痛さから逃げ。国民に増税という安
易さに逃げようとしている。努力することを怠っている。

国会議員を120人減らすから公務員のボーナス給料を減らす
とか国家存亡の危機に国会議員や公務員は何もしないで国民に

つけを回す一番かんたんな方法で乗り切ろうとしているのはお
かしいのではあるまいか?議員カット・公務員カット・貯蓄し

ている人たちへの国債発行などやることがたくさんあるはずだ。
自分達の痛みが伴わない政治に国民は納得しないとおもうよ。

カラー詩笑って生きてん 026

そこで今回は人生最大の危機を乗越え、あるところで私の目
を湿らせ感動をくれた高校生の話をしたいと思います。

どうしょうもないケンカ早い高校生の話です。この行き場を
失しなった高校生のした事とは一体何ったのか?

何故私に涙をながさせたのか?
話が長くなるので次回にお話させていただきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。